下野新聞創刊140周年100%とちぎ愛 『とちぎの農業応援プロジェクト~農業でとちぎを豊かに~』とは

下野新聞創刊140周年100%とちぎ愛 『とちぎの農業応援プロジェクト~農業でとちぎを豊かに~』とは

自然の恵みにあふれた栃木の「農業」や「県産農畜産物」を応援するプロジェクトです。
プロジェクトでは新聞での県産農畜産物紹介をする連載シリーズや、体験イベントに参加を通じて、県民の皆様に「食の大切さ」「農村風景の豊かさ」「地域と農業の共生」など農業の魅力を伝えていきます。
とちぎを元気な県にするためにも、地元の食材をみんなで食べて、みんなで笑顔になりましょう。

 

プロジェクト実施報告

家族で楽しむ!農業体験!
秋のおいしさを味わう&プチ農業体験

 下野新聞創刊140周年の記念事業とちぎの農業応援プロジェクトの一環として「秋のおいしさを味わう&プチ農業体験」のバスツアーが10月7日、大田原市内などを会場に行われた。県内の小学生と家族が昔ながらの稲刈りなどを体験して秋の1日を楽しんだ。
 ツアーには県内の小学生とその家族16組40人が参加。農業体験は大田原市中野内の益子鐡雄(ましこ てつお)さん方の田んぼを使って行われた。かまを使った手刈りの稲刈りを体験した後、昼食にけんちん汁やおだんご、新米をかまどで炊いたごはんでおにぎりを作って味わうなど、農家の振る舞い料理を堪能した。午後には大田原市内のJAなすの富池ライスセンター、調製品質管理センター、大型低温倉庫などの施設を見学、とちぎの農業を体感した。宇都宮市から参加した作新学院小学部2年の片山京太(かたやま きょうた)君(8)は「稲刈りはかまが切りやすくて簡単に刈ることができた。お父さんが手伝ってくれたのでうまくできた。田んぼの周りにはトンボや虫がいっぱいいて面白かった」と満面の笑みだった。

 


★アンケート実施中★
回答いただいた方の中から抽選で5名様に
【三菱UFJニコスギフトカード3,000円分】をプレゼントいたします。

■応募方法

・こちらから回答できます⇒http://shimotsuke.jp/okome.html

第2回目「とちぎ和牛」のアンケートはこちら⇒http://shimotsuke.jp/tochigiwagyu.html

第1回目「梨」のアンケートはこちら⇒http://shimotsuke.jp/nashi.html

 

★イベント活動報告★
親子で楽しむ!農業体験イベント!
梨の収穫・選果場見学  夏野菜の収穫体験

8月25日、農業の魅力に触れるイベント「親子で楽しむ!農業体験!」(とちぎの農業応援プロジェクト主催)が宇都宮市で開催され、県内在住の親子が梨や夏野菜の収穫などを楽しんだ。
このプロジェクトは、JAグループ栃木と下野新聞社が、自然の恵みにあふれた栃木の農業や農畜産物の魅力を県民に広く伝えるもので、県内での農業体験イベントは初開催。参加者は、山口果樹園(上籠谷町)での梨の収穫の後、JAうつのみや東部選果場を見学。国産牛や地元野菜などのバーベキューと地元産米のおにぎりの昼食を楽しみ、ビニールハウスで巨大なステーキナスやピーマンを収穫した。
宇都宮市から小学校2年生の息子とともに参加した母親は「思った以上に子どもたちが野菜に興味を持っていることに驚きました。夏休みの楽しい思い出ができました」と感想を話した。

 

親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験
親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験
親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験
親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験
親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験
親子で楽しむ!農業体験イベント! 梨の収穫・選果場見学 夏野菜の収穫体験