下野新聞について

下野新聞の前身となる「杤木新聞」は、1878(明治11)年6月1日、現在の栃木県の県南に位置する栃木市で創刊されました。

「杤木新聞」の編集人であった中田良夫、足尾鉱毒事件で奮闘することになる田中正造(1841-1913年)らが翌年、自由民権運動を盛り上げようと、第2次「栃木新聞」を再興(再刊)しました。

田中正造は「栃木新聞」の編集長を務めました。1882年には第2次「栃木新聞」と「足利新報」が合併し、第3次「杤木新聞」が誕生。
この「杤木新聞」が1884年3月7日、県庁とともに栃木から宇都宮に移り、宇都宮の「下野旭新聞」を合併、題字を「下野新聞」と改めました。

こうした歴史を経て、今日まで下野新聞が続いており、2018年6月1日に創刊140周年を迎えました。
全国の地方紙の中でも古い歴史を持つ新聞の一つです。

下野新聞 杤木新聞 栃木新聞 田中正造 歩み 140周年